FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後に。

11月の採卵後、残念ながら受精卵の分割が止まってしまい移植ができず
最後のつもりで挑んだ2回目の採卵の結果に納得がいかなかった私は
プラノバールを服用した後のリセットが始まった4日(火)の夜に
ダンナさんと今後の治療について、膝を交えて話し合う時間を持ちました。

残念なことに、何年経とうとどれだけ治療をしようと、ダンナさんの思いは
変わることはなく「子供はいてもいなくても(むしろいないほうが)」。
私は、11月の採卵の結果、せめて移植できていれば、判定が陰性だとしても
諦めがつくというか、潔く治療を終わることができると考えていました。
実際のところ、やはり移植まで辿り着けなかった私の心境としては
せめてもう一度だけでも、お迎え→判定までは経験したい、と。
費用の面は、二人で働いているし、なんとかできるんじゃないか、と。
しかし、ダンナさんの口から出た言葉は非常に冷たいものでした。

「ねぇ、じゃあそれ(=体外受精)一体いつまで続けるの?」

出口の見えない暗いトンネルを頼りもなく進み続けるような不妊治療を
寄り添うでも支えるでもなく、突き放すように私を陥れる一言。
この瞬間、もうこの人との間に子供は望めない、と私は感じました。
他にも色々、ブログには書きたくないようなことも言われました。
そして私の心は、赤ちゃんが欲しい、ママになりたい、という願いは
決して叶わない、ただの「夢」や「憧れ」となりました。

何の苦労もなく普通に赤ちゃんができたらよかったのに。
ふいに心の声を口に出してしまった途端、涙が止まらなくなりました。
ダンナさんは私を慰めるでもなく、優しい声をかけてくれることもなく。
結局、こういうことなんだな。私はこの日に全てを悟りました。

前述の通り、昨日の5日にクリニックを受診しました。
診察室に入り院長先生の顔を見るなり涙があふれそうになりましが、
グッとこらえて「治療を、止めることにしました」と伝えてきました。
先生は小さく「えっ」と驚き、その後少し困ったような表情で
「そうですか・・・わかりました。」と言い、カルテに青い線を引いて
その線の下に、12/5 D2 終了 と記入して、こちらを見直しました。
2回の採卵の記録などをパラパラと見直しながら、先生は最後に
「スズキ家の場合はね、妊娠できないことはないと思うんです。
 一度は妊娠できてるわけだし。まだまだチャンスはあると思います。
 せめてタイミングだけはちゃんと取ってね。私からの最後のお願いです。」
そう言ってくださった先生の顔を、私は忘れることができません。
最後はきちんと自分の口から直接お礼を伝えたいと思っていたので、
お世話になりました、ありがとうございました、と頭を下げて診察室を出ました。

昨年の6月6日から今のクリニックに通い始めて、ちょうど1年半の12月5日。
私の不妊治療の全ては、この日をもって終わることになりました。


今までつたないながらも綴り続けてきたこのブログも、これで更新を止めます。
記録として残しておきたいので、今のところは消さずにそのままにしておきます。
大変お手数ですが、リンクしていただいた皆様におかれましては
お手隙の際にリンクを解除していただけますよう、お願い申し上げます。

それでは、最後になりますが、今まで本当にありがとうございました。
赤ちゃんを望む全ての方々に幸せが訪れますように。


2012年12月6日 初冬の晴れ間に
スズキヒトミ
スポンサーサイト

Yクリニック[67、終]

D2

12月5日(水)、クリニックを受診。
治療終了の旨を伝える。



本日の診察費:530円

Yクリニック[66]移植→中止

D18

残念ながら受精卵の分割が今朝止まってしまったらしい。
移植はできなかった。

さーて、どうしようかねぇ・・・。


プラノバール 12錠


急募!


本日の診療費:40,590円(うち胚盤胞培養40,000円)
今までにかかった費用:後ほど計算して追記

交通費:460円
交通費合計:30,820円


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

Yクリニック[65]受精確認

D15

2日前に2個採卵して、1個はIVFで受精、1個は受精せず。
5日目で戻すことにした。


プロゲストンデポー
プロゲステロン膣坐薬 6個


急募!


本日の診療費:5,000円
今までにかかった費用:後ほど計算して追記

交通費:460円
交通費合計:30,360円


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

Yクリニック[64]採卵

D13

朝7:30から採卵だったので、7:15くらいにクリニックへ着くように行った。
先着順だとしたら今日は一番乗りだしベッドで休めるだろう!と思ったのに
案内されたのは前回と同じリクライニングのソファ・・・なんでやねん(苦笑)。
採る卵の数が少ないから負担も少ない→ソファでいいっしょ、なんだろうか。

とりあえず内診。卵胞は右に2個、左にもそれっぽいのが1個見えた?
麻酔して着替えて荷物をロッカーへ入れたら、すぐオペ室へ案内される。
前回の採卵のとき、右は激痛だったんだよな・・・痛かったら嫌だなぁ・・・
とビクビクしていたけど、そんなに痛くなくて安心。耐えられる程度。
培養室から「卵ありました!」という声が聞こえてホッとして力が抜けた。
左にもやっぱり1個あったみたいで、ちょっと強引だけど、と針を刺されたが
うまくいかなかったのか空胞だったのか、採れた卵は予定通りの2個だった。

ソファへ戻って休む際、下着をつける前にソファに座ってしまったんだけど
そしたら術衣の裾に血が付いてしまってビックリ。そんなに出血してるの?!
慌てて持参した夜用ナプキンをあてて下着をつけたら、深く腰掛けた途端に
じわっと出血してくるのがわかるほど・・・ちょっと、大丈夫ですかこれ?
とりあえずおなかも痛いし、ソファのリクライニングのリモコンも発見したので
シートを倒して休むことにした・・・けど、おなかが痛くて全然眠れない(汗)。
出されたお茶とお菓子も、飲み物は喉が渇いていたのですぐにいただいたけど
お菓子なんて全然食べられる気分じゃなくて、痛みに耐えること数十分。
私より後に採卵を終えた人が2人リカバリールームから出ていった頃にやっと
痛みも引いてきて動けるようになったので、帰り支度をして内診室へ移動。
先生が「あれ?だいぶ出血が多いな・・・」とやや驚くほど出血してるみたい。
ガーゼを詰めておくかどうか悩まれたけど、とりあえずガーゼは詰めないで
夕方まで出血が止まらなかったら夜にもう一度受診するように言われたけど、
午後には出血もおさまりおなかの痛みもほとんどなくなり、夜の受診は不要に。

次は16日(金)に受精の確認と培養期間の選定と、移植スケジュールの調整。
前回新鮮胚で陽性が出たから、できれば今回も新鮮胚で移植したいなぁ・・・
まずは受精してくれているか、それから、胚盤胞まで分割してくれるか、だな。


急募!


本日の診療費:140,000円
今までにかかった費用:後ほど計算して追記

交通費:460円
交通費合計:29,900円


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
06 | 2019/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ミトヒキズス

Author:ミトヒキズス
関東の南のほうに住むアラフォーの働く主婦です。IVFにステップアップしてベビ待ちしています。主に現在通っているクリニックでの治療についてと、私自身のことや家族のこと、たまに治療とは関係のない趣味のことなどを綴っています。こちらに治療履歴を載せています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。